おもう事。

ボンノパ精神…って言うんかな?

先日お客様で来ていた方に…

「絵梨香さんて、後悔したって思うこと無いんですか?」って聞かれました。

全くない訳じゃないけど…

ガッツリ日焼けして「あー!あの時日焼け止め塗っときゃよかったー!」とか…

びしょ濡れの洗濯物見て「あー!外に干さなきゃよかった!」とか、後の祭り的な事は生きていく中でいーっぱいあるよ!ある!笑笑

でも、その方そういう事聞いてる訳じゃないよね笑笑

人生において…大きな決断をした後に…って話しでしょ?

あんまりないよね…後悔…

正直深く考えた事ないけど笑笑

だって、終わった事だもんね。それが結果だし。

「あーしときゃよかった、こーしときゃよかった」って思考が一番無駄だと思ってるから…

あんまり考えた事ないけど。笑

一番思うのは…

常に後悔して「あーしとけばよかった、こーしとけばよかった…」って言ってる人は、別の選択肢を選んでたとしてもそれもまた、あーしときゃよかった…って思うんだと思う。要するに、無いものねだり…ってことでしょ?

あとは、人の意見で動く人はうまくいけばなんてこちゃないけど、うまくいかなかったときは…「あーしとけばよかった…あの人がこう言ったから」とか言ってない?

あたし、人に相談しないで自分の意思で選択するから、それが正解でも不正解でもこれでよかったんだ!って思えるよね。人のせいにもできないし。笑 そう思いたいよね。笑

これでいいんだ…って思うしかないんやろね笑

自分の意思だから。

離婚二度もしてると言われるもんね…。

結婚したこと後悔してますか?って…

してないよね。しても仕方ないし…笑

ま、学びにはなったしね…。世の中には色んな人いるんだな…って。自分以外は全部当たり前じゃないからさ…他人とやっていくって、すごいな…って。だから何十年結婚生活送ってる人はホンマにすごいな…って思うけど…、結婚生活続かなかったからって、結婚したことを特に後悔はしてないし…ましてや、離婚なんて全く後悔してない笑

ただ、私の忍耐がなかった…ってだけの話し。

でも、どんな事でも、過ぎて見た時に…

物事には意味があったんだな〜って思うよね。

うまくいかない!なんで、こうもうまくいかないの!って思うことがあっても…今になってみたら…あ!あの時うまくいってたら今のこの状況は手に入れられなかったんや…とか。

それまでの過程やったんやなー…って。

これでよかったんやー…って。

ま、結果選択ミスとかじゃなくて…

後悔するしないは…

思考の問題なんじゃないかな?って思う。

常に、これでいいんだ!って思いながら生きていくのと…

あーしときゃよかった、こーしときゃよかった…って…思いながら生きていく…

その違いなだけな気がする。

だから、私は…ボンノパ精神!

「これでいいのだ!」でいいのだ!笑笑

これいいのだ!って、バカボンのパパの言葉でしかしらなかったけどね。笑

最近…ボンノパの話を見て…

うん!その精神!って思った。

この先もきっと変わらない!あたしのボンノパ精神は。笑

だから、とにかく動いてみる。

これでいいのだ!って言いながら。

昔、アフリカにバカパという王がいました。

王はボンノパという家臣を信頼し、どこに行く時も連れて行った。

ボンノパは何が起きても動じずいつも「これでいいのだ」とつぶやいた。

王はその言葉が好きでした。

ある日王は手に怪我をしました。

そばにいたボンノパはいつものように「これでいいのだ」とつぶやきました。

しかし、このときばかりは王も激怒してボンノパを牢屋にいれました。

数日後、王は狩に出て森の中である部族に捕まりました。

その部族は儀式で火炙りにする生け贄として王を捕らえました。

しかし、彼らは王の手の怪我に気づき傷物は生け贄にできないので王を放免しました。

帰ってから王はボンノパを牢屋から釈放しこう言いました。

「ワシが怪我をしたのはあれでよかったんだ。

なのにワシはお前を牢屋に入れてしまった。

どう償えばいい?」

ボンノパはこう言いました。

「王様、それでよかったんです。

私を牢屋に入れなかったら私はあなたと狩りに行き一緒に捕まって生け贄になっていました。」

王は悟った・・・。

起きたことはすべてそれでいいのだ

実はうまくいっているんだ

僕たちの人生に起きることも、計り知れない次元で実はうまくいっているのかもしれません。

だから

これでいいのだ

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。